経年変化、つなげる大事な作業|竹を使用した手作りの小物を群馬県の工房にて制作、販売いたしております。

工房雑記

経年変化、つなげる大事な作業

2018/03/21

ここ数日の作業
長年この仕事をしているので、
制作販売しお求め使われて、経年変化による補修修理が必要となることが時折り有ります。
経年変化によるものなので有料となりますが、
手を掛けることで再生し更に使い続けることが出来、大変お喜び戴いて居ります。
今回は、取引先からの依頼の品です。
大型財布のファスナーが壊れてしまった物、
ファスナーだけを取り換えられる構造ではないため、
竹の原板と革本体を剥ぎ分け、ファスナー部の革ベルトから作り替え作業となります。
内側のカード差し部他ポケット等は、元の物を活かせる状態でした。
修理品が手元に届いた時点の写真は残していません。
使い続けられた品が、機能を損なった様子を写すに忍びないのです。
ですので、いつの修理補修の品も再生後の写真しか撮りません。

 壊れたファスナーを一緒に写したのも初めてだと思います。



再生後も写真撮りをせずに返却することがほとんどとなります。
お客様に改めてご利用いただける喜びは、何にもまして有り難いことです。
本日表は、桜が開こうかというこの季節に似合わない雪が降り続いています..

一覧にもどる

ページの先頭へ戻る