エル カバン制作、革本体最終工程|竹を使用した手作りの小物を群馬県の工房にて制作、販売いたしております。

工房雑記

エル カバン制作、革本体最終工程

2017/02/15

昨日の作業
エル カバン制作、革本体最終工程

革鞄職人さんが長年使いこんだミシン、、
譲り受けてから約20年おそらくは50年くらいの年代物と思います。
本来の名称を知らないので、筒縫いミシンと呼んでます。
DSC07527
鞄底の局面があるので、直線ミシンでは縫えません、このミシンを使います。

縫い面が厚いので一度、糸を抜いて空ミシンをかけます、其れから本縫い。
DSC07540
本縫い
DSC07560
この曲がりが、このミシンでなくては出来ません。 
DSC07562
止め部分、自動ではバック出来ないので、一目づつ手動で戻し止めミシンをかけます。 
DSC07566
ようやく本日は虎斑竹原板と革本体の合体仕上げになります
一覧にもどる

ページの先頭へ戻る